WIMAXの種類別の契約期間

WIMAXの種類別の契約期間

wimaxをお得に契約!WiMAX比較

①データ通信端末

USBスティックタイプの端末のことです。最近は、ルーター型が普及しているため見る機会が少なくなりました。

契約期間は料金プランによります。機種代金を分割で支払っている最中に契約解除すると、端末代金の支払いを終えるまで請求が来ます。
端末代金の残債を一括で納めなければならないと言った決まりはないようです。

②WIMAXパソコン

WIMAXのルーターが内蔵されてあるパソコンのことです。
USBタイプのように差し込まなくても良いため、USBフラッシュメモリを差し込みたいという場合にUSBスティックタイプのWIMAXを引き抜いてフラッシュメモリを差し込んでという動作を省くことができるため、スムーズに作業をおこなえます。契約期間はデータ通信端末同様に、料金プランによります。

③WIMAX Speed Wi-Fi(WIMAX+2対応)

形はWIMAX Speed Wi-Fiとほとんど変わりませんが、3つの高速通信に対応しています。

繋がりやすさを選ぶか、最速であることを選ぶか、速度制限なしの通信を選ぶか。
その時によって選択することが可能です。しかもスマートフォンの充電までできるという優れものです。

機種代金は分割でかかることが多いので、途中で解約するとどの料金プランを選んでいたとしても機種代金だけは2年間請求が来ます。
また、残債一括払いすることも可能です。ちなみに、一括払いをしても、端末代金が安くなることはありません。

④WIMAX Speed Wi-Fi

スマートフォンやタブレットにも繋げることができる無線ルーターのようなカードタイプ端末のことです。
ケーブルなしのスマートな接続、ゲーム機などにも対応出来る点が、人気の理由です。
契約期間は料金プランに依存しますが、機種代金がかかっている場合は、大体2年間の分割支払いとなっています。

PAGE TOP